PR | 兵庫県姫路市の弁護士事務所に相談するなら | ダイヤモンド専門店で婚約指輪を買う | 滋賀県大津市でZEHの注文住宅なら | 兵庫県で評判のリンパマッサージのエステサロン | 宮城県仙台市で評判の良い整形外科なら |

外国語の通訳では、さまざまなスキルが必要とされています。通訳をする上では、語学力が最も大切ですが、これはあくまでも基本的なスキルです。ただ語学力があるだけでは通訳業はとても勤まらないと感じています。通訳の仕事をする上では、コミュニケーション能力や臨機応変に対応をする事が出来る能力が必要となります。

 

通訳をする場合、相手と相手を繋ぐ仕事なので、コミュニケーション能力が必要となります。どちらもの相手に失礼にならないように対応をするのはもちろんですが、通訳をする上で、ちょっとした誤解などがあっては問題になったり、トラブルになることがあります。このため、語学力は大切なのですが、それをいかにして伝えるのかということがとても大切になります。

 

私も外国語の通訳を時々しているぐらいの英語力ではあるのですが、しかしそれでも思うところはあるのです。それは、「最近の若手の外国語の通訳者は日本語がなっておらん!」ということです。敬語の使い分けというか、敬語が使えない人もいるのですよね。

 

いや、英語は素晴らしいものですよ。今では帰国子女も珍しくはない時代です。海外に2年以上いたということだけはあって、さすがのなめらかな英語の話し方です。けれども、日本語の敬語がいただけなかったりするのですよね。「です・ます」をつければ敬語が成立するわけではないというものなのですが、なかなか身につけない子もいるのですよね。

 

まあ敬語に関しては社会人としてもまれていくうちに身についていくことでしょうから、ですからまずはその英語力を褒め称えるべきなのでしょうとは思っています。けれど、せめて先輩には敬意を払いましょうよ、日本の会社にいるのならばーと、ビジネスマナーからして文句を言いたくなる子もいますから。外国語の通訳者として成功したいのならば、英語力もそうですけれど、敬語も含めてビジネスマナーを身につけることも大事でしょう。

また、通訳は、全く知らない相手と話をすることになります。ビジネスにおいても、目上の人と話をすることもありますので、ビジネスマナーだったり、基本的な社会人としてのマナーも非常に大切となります。

PR|オーディオ|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|お小遣いNET|女性の生き方|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|