外国語が話せると仕事の幅が広がります。特に英語を使えると色んな国の人とコミュニケーションを取ることが出来ますので、それだけ仕事の選択肢が増えます。語学を極めた人であれば、通訳や翻訳が出来るでしょうし、少し話せるだけでも、外国人がよく来るレストランやお店で重宝されるでしょう。仕事を通して外国人と会話を重ねたり、質問されたことに答えることを繰り返していると自然と英会話力や語彙も増えて行きますので、更にステップアップした仕事に就くことも可能だと思います。私もそこまで英会話に自信が持てない時期には、たまに外国人のお客様が来るお店で接客業をしていました。仕事ですので、もっと上手にお客様に説明できるようにならないといけない、上手に会話できるようになりたいという気持ちが強くなるので、良い意味でのプレッシャーになり、頑張って色んな単語を覚えたり、良いフレーズを覚えたりして、英語力アップの良い機会になりました。それから努力を重ね、もっとレベルの高い英語を使う仕事が出来て、楽しく過ごしています。